エレベーターの保守契約をしよう|メリットを事前にチェック

昇降機の安全性を保つ方法

エレベーター

マンションや高層ビルに欠かせないのがエレベーターです。安全と安心を確保するためには定期的に保守点検する必要があります。専門の業者に依頼するわけですが、メーカー系と独立系があります。費用が高いのはメーカー系ですが安心感があります。独立系でも実績のある業者を選べば安全です。

詳しく見る

建物のタイプ別のプラン

エレベーター

個人向けの住宅やマンションなど、建物の種類に合わせて最適なメンテナンス会社を選ぶのが、エレベーターの保守契約を結ぶ場合の基本です。規模の大きなマンションやビルに適しているのは、部品の交換が必要な修理にも迅速に対応してくれる、大手のメンテナンス会社です。

詳しく見る

確実に実施

手

建屋のエレベーター設備については、法で専門家による安全、及び機能維持が求められていることもあり、業者に保守点検を依頼することが必要になります。あらかじめ、定期点検の依頼をしておくことで、安全であることはもちろん、点検時期を忘れることもなく、トータルコストも抑えることができます。

詳しく見る

継続的に点検しています

エレベーター

エレベーターは国から年に一度の法定点検を義務付けられています。委託された保守点検業者は昇降機のパーツが故障する前に交換したり、建築年数によってチェック項目を増やして事故を防いでいます。日々の点検が安心できる空間を作り出しています。

詳しく見る

定期的に点検をする

エレベーター

多くのマンションではエレベーターが設置されているため、安全や安心のための点検がなされます。保守のためには専門業者が定期メンテナンスをするわけです。頻繁に行われることもありますが、業者や管理会社の意向によって異なります。

詳しく見る

メンテナンス契約の相場

男女

メンテナンス費用を下げる

マンションにおけるエレベーターの保守契約の相場は、マンションの戸数やメンテナンスの仕方によって大きな差はありますが、おおよそ1戸あたり1万円から2万円がそいう場と言われています。この相場は、エレベーターメーカーによるフルメンテナンス保守契約の相場で、相場が2倍という大きな幅があるのは小規模マンションでは安めで、停止階数の多い高層マンションやタワーマンションでや高くなるといった傾向があります。マンションのエレベーターの保守契約の金額を安くする方法はいくつかありますが、ひとつめとしてエレベーターメーカーから独立系の業者による保守契約に変更する手段または最初から独立系業者に依頼する方法があります。ふたつめとしてはメンテナンスの回数を減少させることです。回数を減らすと安全性が損なわれないかと不安に感じるかもしれませんが、実際にサービスマンが来て行うメンテナンスを減らし、その分をオンラインメンテナンスに回すことで安全性をほとんど失うことなく、料金を下げることが可能です。そして最後の保守契約費用を下げる方法としては、フルメンテナンス契約を修理パーツが別料金になるPOG契約に変更することです。POG契約にすると金額の高いパーツが必要になった場合は、そのときに大きな出費が発生することになりますが、新しいうちは点検するだけで大規模な修理になることはほとんどありません。費用とサービス内容を考慮して、エレベーターの保守契約を見直してみるとよいでしょう。

Copyright© 2017 エレベーターの保守契約をしよう|メリットを事前にチェック All Rights Reserved.