エレベーターの保守契約をしよう|メリットを事前にチェック

継続的に点検しています

エレベーター

点検の義務があります

毎日安心してエレベーターを利用できるのは、定期的な保守点検を行い、トラブルを未然に回避しているためです。エレベーターを取り付けている建物にはその管理者が業者へ委託して、保守点検を継続的にしていく義務があります。報告を怠ると、最終的にはエレベーターを稼働できなくなります。法令で保守点検を認証されたエレベーターには、その証のステッカーを貼り付けてあります。法令で定めたメンテナンスは年に一度あり、その都度保守記録を保管しています。万が一、点検後に起きてしまった事故の原因は、この報告書によって再度確認することができます。委託された点検業者は、管理者と相談しながら中長期に点検計画を立てていきます。新しい建築物では比較的メンテナンス費用が軽減できますが、経年変化とともにメンテナンス箇所も増えていき、管理費用も必要になります。昇降機に付いているロープの確認や潤滑油の補充、照明やパネルの動作確認など、点検箇所は多岐に渡ります。エレベーター点検で重要なのは、故障が起こる前に消耗パーツを交換する点にあります。そのため、年一度の法定点検だけでなく、毎月メンテナンスを行っています。また、監視カメラを設置して、常時監視する業者もあります。エレベーター内部からも保守点検業者へ連絡がとれるよう、インターホンが設置してあるものもあります。地震など突然の天災にも対応できるよう工夫がされているので、安心して利用できます。

Copyright© 2017 エレベーターの保守契約をしよう|メリットを事前にチェック All Rights Reserved.