エレベーターの保守契約をしよう|メリットを事前にチェック

昇降機の安全性を保つ方法

エレベーター

コストではなく実績が大切

マンションや高層ビルに欠かせないのがエレベーターです。高齢化社会になると階段を使えないお年寄りが増えるので、エレベーターの利用価値はますます上がっています。エレベーターを安全に運行するには定期的な保守点検が必要です。専門の業者に依頼するわけですが、選ぶ時のポイントがあります。エレベーターの保守点検を行う業者には2種類あります。メーカー系と独立系です。メーカー系というのは主にエレベーターを設置した業者のことです。このようなメーカー系の業者にはメンテナンス部門というのがあり、保守点検を専門に行っているので安心感があります。その代わり費用が割高になります。また自社のエレベーター以外はメンテナンスを請け負わないという特徴があります。これに対して独立系の業者はどのようなエレベーターでも保守点検を請け負います。メーカー系よりも費用が安いのが特徴です。独立系の業者の中には元々メーカー系の下請け業者だったケースが多く、安くても安心して任せることができます。メーカー系でも独立系でも、あまり保守点検の費用が安い業者は注意が必要です。コスト重視で保守が疎かになる可能性があるからです。また定期点検の契約をする時に値段の交渉をするわけですが、極端に値引きする業者は要注意です。保守点検は重要な業務なので、それなりの費用はかかると思って交渉をするべきです。過去の実績を見せてもらうことも必要です。実績の少ない業者よりも、数多くの実績がある方が安心して任せることができます。

Copyright© 2017 エレベーターの保守契約をしよう|メリットを事前にチェック All Rights Reserved.